読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モジモジ君のブログ。みたいな。

はてなダイアリーから引っ越してきました。

RIR6君がブログをたたんだことを支持する

考察

 RIR6君がまたブログをたたんだ件について。いろいろ話になっているらしい。個人的に残念だけど、僕は彼の選択を支持したい。最初に白状しておくけど、関連するやり取りを全部読んだわけではないし、とりあえずid:using_pleasureさんへidTBしておくけれども、using_pleasureさんへの批判ではない。ただ、rir6氏について幾つか述べておきたいことがあったので。必要なことは「支持すること」ではないだろうけど、とりあえず支持しておく。


 基本的な前提としての僕の認識。

  • rir6氏は文句なしに、優秀な人物であり、彼が高校生であったことは少なからず驚きであった。
  • もちろん、彼の議論のすべてに賛成なわけはなく、僕自身と彼の考え方のズレについて検討すべき点が幾つかあるなぁ、と思いながら見ていた。ただ、少なくとも彼の書いたものを読むことは、実りの多いものであったことは疑いない。
  • 彼に粘着している人たち*1のやり方はしばしば卑劣であり、下品であり、見ていて気持ちの良いものではなく、また僕の気持ちとは無関係に、人が人と向き合う態度ではないとも思う。15000円だか勝手に送りつけた件の折りには、さすがに一言言おうかと思ったが、それも面倒だったので見送った。
  • 粘着は即刻やめるべきだという気持ちとは別に、rir6氏の書いたもののすべてを丹念に読んでいたわけではないので(特にコメント欄などについて)、介入するとしても、具体的にどうすべきか、責任もってやれるやり方を思いつかなかったというのもある。僕自身の気持ちを、開かれた場への介入という形にするだけの手間を注がなかった、という事実。
  • そうした状況において、僕が彼のブログに対して明示的に行ったことは、彼の書いたものへの肯定的評価を1、2度書いたこと、彼がはてなN.Watch ver.4において良識派を問いただしたときに一言言及した。それだけ。十分なことだとは思わないし、十分なことをするつもりもなかったが、少しくらいは足しになればと思って書いた。
  • rir6氏のブログへの介入をしなかったのは、単に時間がなかったからで、その意味で僕は彼を見殺しにしたし、そのことを認めるし、認めた。
  • それともう一つ、rir6氏のコメントあしらい(コメント欄を小さく削ってしまうなど)は中々堂に入っており、煽り耐性が強い人なのかと勝手に思い込んでしまったので介入は不要だろうと見積もっていた。まぁ、弱そうな人だと見積もっていたら介入したかどうかは不明。多分見殺したと思う。我ながらヒドイ奴だ。

 これで網羅的になっているかどうかわからないけど、とりあえず思いつく限り。気がついたら&向いたら付け足す。とりあえず、そういう感じ。


 その上で、次のように思っている。id:VanDykeParks2氏は、キーワード「rir6」を作った件、やりすぎだと思う。今からでもいいから、キーワード削除を依頼して、この件について謝罪すべきだと思う。他の人たちはよく知らないが、目だったのはid:syujisumeragi氏だろうか。あなたも、謝罪すべきだと思う*2。他の人たちも、誰かに言われるまでもなく、身に覚えがあるだろう。そして、今後rir6氏に付きまとわないことを約すると同時に、彼がネット上の居場所から遁走すべき理由などないこと、その原因を作ったことについて責任と取ることと筋を通すことをどこかで明言すべきではないか。
 最後に。以上の僕の薦めについて、rir6氏はどう思うだろうか。そのことは、少しは気になる。遅きに失した感はあるけれど、せめてこのくらいは、と思って書く。また、僕はこの件について広く網羅的に取りこぼしなく読んだわけではなく、それどころか多分読んでないものの方が多いから、見当ハズレなことを言っている可能性は十二分にあるが、その場合には異論をぶつけてくださればよい。僕の主張と要求が成り立たないことの具体的な反証を突きつけてくれるものと思う。


 それと、これはusing_pleasure氏へ。ネット上のものは、書くのも自由なら消すのも自由だ。そして、消されることは悲しいことだし、しばしば困ることでもある。しかし、rir6氏が消すに到った事情こそを僕は憎むし、僕は本当にrir6氏の書いたものを失いたくないのであれば、彼にまとわりついている人たちにもっと何か言うべきだったろうと、とりあえず自分のこととしては思う。ただ、ネット上に書いたものの責任を取ることでそこから遁走できなくなる可能性があるなら、それはやっぱり危険だと思う。僕がrir6氏とやり取りできたはずの可能的な場が破壊されそうなときに、僕は手助けせず、見捨てたのだから、せめてできることは、自分の身を守ってくれ、文章を消すこと自体の迷惑など、それに較べれば大したことではないと、言ってやることだけなのかな、という気がしている。
 以上、ほとんど推敲せずに出します。穴だらけでしょうが、叩きはほどほどのところで勘弁してね。以上。

追記:

 id:Mr_Rancelotさん。「これ言うならばその時にいわないとね。今更言ってもね」。おっしゃるとおり。ただ、今もそうだけど、その時にもきちんとやりとり見てるわけじゃなくて、事情が皆目わからんのです。事情が皆目分からん状態で、それでも関係者に「謝れ」と言うだけの根性というか蛮勇というか、それがなかった。今回もそんなに丁寧に見てるわけではない。てゆーか、ほとんど見てない。未だに事情が分からないことが沢山ある。が、今回は失敗承知でゆーてみた。このまま黙ってたら、言うべきときに言わなかったことまで黙ってしまうことになるので、ね。ほとんど無意味だろうけど、完全に無意味じゃないことに賭けてみた。それだけのこと。

追記2:

 id:zaikabouさん。「rir6 ←まあ、このタグも明らかに粘着なわけですが」。分かってるならやめたらどうでしょうか。id:wonder_wonderさん、id:tomozo3さんも。
 id:Mr_Rancelotさん。「誰のどういう行為を批判されているのか。行為の特定、およびその理由を明記していただければ幸いです。」既に書いたものは、VanDykeParks2氏は、キーワード「rir6」を作った件。第二にsyujisumeragi氏の粘着。他に批判されるべきことが存在しないことを主張しない。理由は面倒なので、当面書かない。書かなきゃ分からないようなことだとも思わない。書かなきゃ分からないようなら、その旨、書いてくれればいい。

*1:当然、using_plesure氏は含まない。

*2:追記:syujisumeragi氏の3月27日付けのエントリは反省しているようにはとても見えない。イジるとか、ちょっとからかうとか、リアルでは許されている範疇のつもりのことでも、それはやる側の理屈でしかないのであって、それらも全部ひっくるめて悪質だと僕なんかは思う。明白に拒絶されたからには、過去の接近の仕方の一切を、一度洗いなおしてみる必要があるんじゃないかと思う。