読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モジモジ君のブログ。みたいな。

はてなダイアリーから引っ越してきました。

オマワリの主人の自覚が必要

 「死ねばいいのに - 無産大衆」

 ここを普段読んでる人なら知ってるだろうけど、僕は全然アナキストなどではないのであって、どちらかというと秩序大好き人間なのであるが(大概の落書きも大嫌いだし)、にも関わらず、こういうデモの弾圧とか、それをまともに報道しないメディアの話とかになると、非アナキストの有象無象のたわごとなんかより、アナキストの方が全然共感できるってのも悲しい話だよな、とは思う。

とりあえず立ち位置

直後に聞いたところによると、運転手に関しては運転席の窓ガラスを割って、無理やりこじ開けたとのこと。それで、逮捕理由が公務執行妨害だと。なんだ、それは。こっちは本来しなてもいい許可申請までしてやってるんだぞ、カス。死ねよ。というか、公妨ってなんだ。とりあえず、さっき警察署に弁護士を派遣した救対の人の話によると逮捕者は四名、上記三名に加えてロイターのジャーナリストも持っていかれたとか。

 まぁ、むちゃくちゃですよね。あちこち拾い読んだ範囲では、最初の「窓ガラスを割って」は、「窓ガラスを割るぞと脅されたので開けた」となっているところもあったんだけど、どっちが正しいのか分かりません。まぁ、いずれにせよ、そこで行使された力の性質において違いをもたらすものではない。とりあえず、「慎重な態度で続報を待つまでもなく」(ここ重要)、断固としてデモの方を支持するし、警察こそがケシカランのである。

 「札幌中央警察署は不当逮捕した以上四名と昨日の逮捕者も合わせて、即座に釈放しろ!!」。と、僕も書きつけておく。

オマワリを使うための心構え

 ブクマコメとか読んでると、デモの方もやりすぎだったんじゃないかとか、その可能性があるからmadashan氏の記事だけでは支持できないとか共感できないとか、まぁ、大変「誠実な」「慎重な」「公平な」(お好みのものをどれでもお選びください)態度の方々がいるわけですが、こういう人たちは「オマワリを使う」ということの意味をちゃんと分かってるんかね。

 とりあえず、国家権力については、ホッブズ的な「万人の万人に対する闘争」を押さえ込むための必要悪だ、という理解でいいよ。そもそも、国家権力というのは、そういう本質的にいかがわしいものである。それでも、とりあえず「平穏に暮らしたい」という生活保守主義的発想に価値を認めるなら(僕は認める)*1、国家権力は、ひいてはオマワリは必要なのでしょう。

 ただし、だからといって、そのいかがわしさ、必要悪としての危険性がなくなったわけではない。ゆえに、オマワリを有用な社会制度として用いるのであれば、オマワリと恒常的に緊張関係を持っているという事実から目をそらしたらイカンだろう。我々は警察に対して、警察が「有用」たりうるために、きわめて大きな権限と資源を委譲している。しかし、それがいかに用いられているかを完全に把握することはできない。デモ隊などよりオマワリ、機動隊の方が市民にとっては危険極まりないものだ。

 無論、証拠は大事である。しかし、証拠がそんなに大事なものであるならば、どうして警察は公務執行妨害の瞬間を記録に押さえた上で、それを公表して、今回の公妨容疑での逮捕がまったく正当なものであるという申し開きをしないんでしょうかね。いろいろ理由はあるでしょうが、きわめて重要なことは、「誠実な」「慎重な」「公平な」市民の皆様方においては、オマワリの側に申し開きをすることを一切要求しない、それがデフォになってるからでしょうね。「デモとかやる奴はどっかおかしい」みたいなプロ奴隷から「デモの側がカメラとか持参して自衛したらどうだろう」みたいな自衛策を提案する人まで、どういうわけかオマワリには何にも要求しないのがデフォになってるわけですね。

 いや、デモの側が自衛のためにカメラとかで記録とったりするのは推奨するし、どんどんやったらいいとおもうけどさ(僕も出かけるときには、やるしね)。けれど、「記録がなければ、まずはオマワリの言い分を信用する」というのは、もう、オマワリとの緊張感のないお花畑的市民と言う他ないでしょう。ついでに言えば、「記録がなければ、どちらの味方もしない(できない)」なんてのは、オマワリの味方をしているのと結果において同じですんで。

 絶対人にはなつかない番犬を番犬として飼っておくなら、噛まれないために最大限の緊張感を持ち続けなければならない、ということ。その覚悟がないなら、アナキストを笑えませんよ、ということ。

あと、報道とか

 「反サミットデモでの逮捕における、現地の参加者情報と、報道の違い - Close to the Wall」
 「国営ヤクザと太鼓持ち - 猿゛虎゛日記」
 まぁ、報道とかについての整理を見てると、メディアには「番犬の首輪」である自覚がないことがよくわかるわけです。どうしましょうかね、この酷い有様。日本に再び白色テロの時代がやってくる日も近いのでしょうか。


 「ちょっと思ったんだけれど、警察権力も三つぐらいに分ければいいんじゃね? - ラルのweblog」
 第一にメディア、第二に私たちの世論、それで三つ、かな。全部機能不全起こしてるわけですけど。結局、人任せにはできない、ってことじゃないですかね。


 「この数日、急激に日本やばくないか? - げろみ日記」
 やばいと思います。(あと、最初、間違ったトラックバック送ってスイマセン)

*1:ただし、そこで保守される「私の」生活と現に踏みにじられている「誰かの」生活のうち、前者を優越すべきという前提を取る現状肯定主義まで進むなら、そんな態度に一片の正当性も認めるつもりはありませんが。