読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モジモジ君のブログ。みたいな。

はてなダイアリーから引っ越してきました。

思想における座標とベクトル

 先の記事へのブクマコメントより。

id:tk18 軍組織に諜報組織は必要だと思う。

 このときに、たとえば次のようなことを考えたり、書いたりして欲しいと思うのだ。「軍組織に諜報組織が必要であるのは、どのような理由によってか」、「その理由をなくすためには、どのような環境変化が必要か」、「その環境変化のために、どんなことが必要か」etc...。
 諜報組織とは、それがどのようなものであれ、仮に必要なものであるとしても、人の知らぬところでその人のことを知ろうとする組織であり、つまりは、人を支配する組織である。もちろん、そのような組織も、必要である場合がある。しかし、そのようなものを必要だと述べるときには、それを必要としない世界に向けて何を考えればよいか、を同時に考えるべきである。諜報組織をもつとして、その持ち方がある。必要であるとして、必要であると言うときの言い方がある。
 何かを述べるとは、何を行うか決めるとは、可能な世界のあり方の一つを選ぶことである。それは、広い空間から一つの座標を選ぶことである。しかし、その一点に働くベクトルをも同時に選んでいるのだ。そして、そこにどんなベクトルを込めるのかによって、私たちが選びうる可能な世界の範囲が変わる。